Android2.2で『24 -TWENTY FOUR-』の夢のガジェットが!

image:laihiu

新しくAndroid2.2で実装されたAPIの1つに「Cloud to Device Messaging API」という物が有ります。Google I/Oのレポートによると…

Cloud to Device Messaging APIについて、Gundotra氏は「マルチタスクの欠如を補うプッシュ通知ではない」とニヤリ。アプリサーバからのメッセージをGoogleのサーバがまとめ、ネットワークのレイテンシなども考慮して効率的にメッセージをデバイスに送信するが、単なるメッセージだけではなく、Androidの各種機能を直接動作させられる"Intent"も送れる。
via: マイコミジャーナル

ふむふむ、"レイテンシ"や"Intent"など難しい言葉が並んでますが、要約すると『ジャックとクロエ』になれるということです。(24 -知らない人はごめんなさい-人-)

以下、ジャックとクロエの通話記録です。

パターン1 データのPush送信

ジャック:クロエ俺だ。手伝って欲しい
クロエ:ジャック!あなた指名手配中よ。
ジャック:俺がやった。でも、正義は俺にある。Trust me!(信じてくれ)
クロエ:ジャック…、でも
ジャック:手伝うのか手伝わないのかはっきりしてくれ!
クロエ:…わかったわジャック。
ジャック:すまない。まずこの包囲網から抜け出すルートを教えてくれ。
クロエ:You got it(了解) Androidカーナビにルートを設定したわ
ジャック:助かる。

⇒一般的な使い方だと思います。電話しながら、画像、ムービー資料とかを見せてあげることもできそうですね。

パターン2 端末からデータのダウンロード

ジャック:顔写真を今から送る。照合をたのむ
クロエ:I'm on it !(もうやってます)、データは先程いただきました。

⇒セキュティー的に問題はありそうですが、端末からデータを取得することもできそうです。CTU意外の用途はあまり思い当たりませんがw


パターン3 表示端末の切替

ジャック:クロエ、見取り図はまだか!
クロエ:ジャック、いまスマートフォンに送りました。
ジャック:画面が小さいな、カーナビで表示させよう
トニー: freeze!Place your hands behind your head(手を頭の後ろにおいてくれ)
ジャック:Damn it!(クソッ)


⇒ガジェット間のやりとりにも使えそうです。SkypeなどのIP電話の使用感が電話のそれと変わらなくなりそうですね。

『24 -TWENTY FOUR-』の性質上最後はピンチな感じでしたが、2.2の可能性の一端をわかっていただけたでしょうか?余計分かりづらくなりましたね。趣味に走ってすいません。

0 件のコメント:

コメントを投稿