EvernoteのWinクライアントが重いので、やり方変えちゃうわ(Chrome版)

 タイトルで言い切った感もありますが、Winクライアントを使わずに軽いブラウザのChromeでWebクライアントを使いませう!というお話ですが、それだけだとあまりにも芸がないので、より軽快に使うためにこのようにしてみてはいかがでしょう!

1. まっさらのChromeを用意する
 今ご利用のブラウザがChromeでないのであれば、この手順は飛ばしていただいて構いません。Chromeを標準のブラウザ、標準ではなくてもよく利用する方は、エクステンションをいれていることと思います。なるべく、軽快にEvernoteを利用するために、エクステンションの無いまっさらなChromeを用意してあげす。

 まず。以下Windows XPの場合はのChromeのインストールフォルダを開きます。

Windows XPの場合
C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\Application


Windows 7の場合
C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\Google\Chrome\Application


以下XPをベースに表記します。Windows7の人は適宜パスを読み替えてくださいね。
chrome.exeがありますので、右クリック->ショートカットの作成をします。

ショートカットは適当にリネームしてください。今回は "Lite"としました。
作成したショートカットを右クリックし->プロパティを表示します。
リンク先を以下のように変更します。

変更前
"C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\Application\chrome.exe"


変更後
"C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\Application\chrome.exe" --user-data-dir="C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data\lite"



そして、そのショートカットを起動すると、以下のようなまっさらChromeが立ち上がります。
もちろん、いままで使っていたChromeと同時に起動することができます。


そして、今回は特に関係ありませんが、新しいプロファイルが以下のフォルダに作成されます。
"C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data\lite"

2.アプリケーションのショートカット作成

 でわ、さっそくhttp://www.evernote.com/をアドレスバーに入力し、その後ログインしてください。
そして、Evernoteのホーム画面で、chrome右上のページメニューアイコンをクリックし、[アプリケーションのショートカットを作成]を選択します。

 以下の画面が出てきますので、ディスクトップ以外のチェックボックスをはずしてOKをおします。


 すると、ディスクトップにショートカットが作成されます。


 このショートカットを起動すれば、いつでも軽快なEvernote webが利用可能です。

3.あとはお好み!
 私はこのショートカットをスタートアップにいれて、PC立ち上げ時に自動で起動するようにしています。最近、以下のようにドラッグ&ドロップでアップロードもできるようになりましたので、専用クライアントは時々同期するくらいでいいかなと思ってます。

ドキュメント内へドロップ
新規のドキュメントとしてドロップ







1 件のコメント: