ハイダイナミックレンジ合成(HDR)による超美麗映像[動画]

すごいですね。写真では最近よく見るHDRですが、動画だと映画のワンシーンみたくなっちゃいます。
一部、キャラが異常に濃い人が出てきますが、HDRの所為では有りません。


ハイダイナミックレンジ合成(ハイダイナミックレンジごうせい、英high dynamic range imaging、HDRI、HDR)、とは、通常の写真技法に比べてより幅広いダイナミックレンジを表現するための写真技法の一種。
例えば風景のダイナミックレンジ(最も明るい部分と最も暗い部分の明暗の比)は広く、しばしばコントラスト比100000:1を軽く越える。フィルムやCMOSイメージセンサなどの一般的な記録手段のダイナミックレンジは狭く、せいぜい11段、すなわちコントラスト比2000:1程度しかない。[1]。 また、一般的なモニタのコントラスト比も1000:1程度である。[2]そのため、現実の風景などの持つ広いダイナミックレンジをそのまま記録、表示することができない場合がある。
ハイダイナミックレンジ合成は、一般的な記録手段を用いてその問題点を軽減するための、幅広いダイナミックレンジを記録、表示するために開発された画像合成手法である。
via: ハイダイナミックレンジ合成 - Wikipedia
ようは、明るいのと暗いの撮って、いいとこ取りした映像ってことです。
こまけぇことはいいんだよ。という声が聞こえてきそうですので、映像をどうぞ。
出来ればフル画面で視聴することをおすすめします。

0 件のコメント:

コメントを投稿