【ソーラー】非常時にスマホを充電する方法【USB】

10年ほど前から、携帯電話への充電機能がある「手回し充電ラジオ」を常備していまして、2011年3月11日には大変重宝いたしました。当時はフィーチャーフォンを使用していたので通話分の充電の際は大変助かったのですが、ことデータ通信となると、手に豆ができるほどダイナモを回しても直ぐに充電されたバッテリーが尽きてしまう・・・。
震災の際私は自宅で過ごすことが出来ましたが、避難所などで過ごすのであれば、モーターを回し続ける音に配慮が必要になるかもしれないとも感じました。


時が過ぎ私もスマートフォンになりまして、そこでいよいよもって「手回し充電ラジオ」では非常時のスマホ充電環境について心細くなって来ました。従来の充電用ケーブルからUSBに変換するコネクタも必要になりますが、なんといってもパワーが足りない。何か良い方法はないものかと悩んでいたそんな折り、目にしたのが


パナソニック K-KJU22SSL [ライト電池常備キット]

でした。
  • ソーラーパネルで発電し
  • 取り外し可能なPanasonic充電式エボルタ☓2本に充電
できる!
更にこのパネルに付属のUSBケーブルを繋げると、蓄電した充電式エボルタからスマホへの充電がいつでも気軽にできます。
ソーラーパネルから充電式エボルタへの充電時間は15時間。パネルに少しでも影がかかると充電が止まってしまう点には注意が必要かな。

私はソーラーパネル式充電器が目的で購入しましたが、他にも充電式ではないエボルタ乾電池単1~単4まで数本ずつ、LED懐中電灯(要単3電池3本で70時間点灯)一本と、あっても無駄にならないセットで価格も定価よりよっぽどお安かったので、このキットを購入。コンパクトな持ち手付きケースにまとまっているので、避難リュックと一緒に置きました。

単品でも購入可能のようですのでこちらもご紹介しておきます。

が、コストパフォーマンスを考えると先にご紹介したキットはなかなか魅力的ではないかと思いますよ。

あんまりこいつが必要な事態にはなってほしくないですけれど、、、
アウトドアとか楽しいことに使ってもよいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿