色々在った、ガムテープで造るアレコレ そして箱根でも

ガムテープといえばどの家庭にもある梱包材料ですが、その使用方法をおよそ逸脱している動画を3本ご紹介します。絵を描く人、財布を作る人、はさみの宣伝をする人・・・ww
要らぬ責任を負わぬために「用途以外のご使用はしないでください。」と言った決まり文句がありますが、ガムテープには特に書いていないのでしょうかね。




ガムテープアートの一人者「Max Zorn」氏のオフィシャル動画。
g+もYouTubeチャンネルもありました。(両方ともおそらくオフィシャルかと)




こんなのMax Zoneさんにしか出来ないよっ!と思ったけれど、「エアロフィット」ってはさみがあれば、或いは出来るのかもしれないと勘違いをさせてくれる動画。
素晴らしい若人達。




これならオカンの私にも出来るかもしれない、と思わせてくれる、オカンアートの新しい可能性を提案している動画。



ガムテープは新しい可能性を持つ手芸の題材として注目されているようで、次の作家さんの写真を拝見するにいたっては、ニワカにガムテープとは信じがたい代物となっています。必見。
troのガムテープ研究室
ジャンルとして「ガムテープバッグ」なるものが確立されているようなので、一度検索されてみると面白いかもしれません。



最後の〆は

(既に終了しているイベントです)

こんなお祭りがあったなんて・・・!

ガムテープアートのMax Zoneさんの事を書こうと思ってネタを探していたら、私の知らないところでガムテープが大フィーバーしていることを知り、最終的にこのようなエントリーになってしまいました。ガムテープ、奥が深いヤツ・・・。
ちなみに、最近買ったガムテープ何種類かで「ガムテープバリバリ発光(摩擦ルミネッセンス)」をやろうと思ったのですが、一つも成功しませんでした。私が下手になったのかしらん??

1 件のコメント:

  1. ガムテープに着目する自体素晴らしい!!

    返信削除