ガラスに命を吹き込む男 Vittorio Costantini氏

昆虫を炙って虐待しているんじゃないんだよ!

今回は、ガラスの棒をバーナーで炙りながら海洋堂もビックリの精密なガラス細工フィギュアを創りだしてしまう達人動画のご紹介です。
精巧なフィギュアに反して雑な太さのガラス棒を溶かしつつ細やかな突起等を細工していくのですが、昆虫の刺や鳥の足、くちばしなどが見事にそこに現れます。
やわらかなガラスに指先でも触れようものなら、その惨事は想像に難くないですが、手を触れることなく溶かしたガラス棒を操ることによって作り上げられるリアルな美しさには息をのんでしまいますね。溶けたガラスが混ざり合い、光に透かした時に見える色彩も大変鮮やかで溜息が漏れるばかりでした・・・。




YouTube - Glass Masters at Work: Vittorio Costantini

虫とか鳥とかなんかじゃなくて、透き通るような肌をたたえるフィギャーとか作っちゃう祖に成りたいとか野望を抱いた方は是非挑戦して有名になってください。きっとフランスでウケます。 → google[ガラス工芸 教室]

0 件のコメント:

コメントを投稿